施工事例

津市Ⅰ様邸 降り鬼瓦修理

CIMG4911 鬼瓦が銅線が切れて落ちました

CIMG4957 垂木に被覆線を巻いて取付

CIMG4961 鬼瓦と台を一緒に巻いて鬼瓦を取付

CIMG4962 棟を積み直して

CIMG4963完成!!

こんにちは!最近よく雨が降ります。屋根からの雨漏りなどは大丈夫ですか?お困りのお施主様はいませんか?気軽にご連絡ください。屋根診断士がお伺いいたします。
さて、今回は当社地元の津市のⅠ様邸 降り棟の鬼瓦の修理にお伺いしました。
30年ほど前に屋根を葺かれた様で入母屋屋根の立派なお家です。それでは工事説明をと
この頃は銅線で鬼取付、棟の大巻など至る所を銅線で締め付け・取付を行っていました。まさか銅線が切れるなど思ってもいませんでした。酸性雨の影響で鬼瓦を取り付けてある銅線が切れて落下鬼瓦が割れました。幸い落ちた所には何も無かったので良かったです。今では被覆線を使用し酸性雨対策や鬼瓦も一か所で固定するのではなく、二点締め以上の留め付けをしています。
築25年以上前の日本瓦の屋根にお住まいの方は一度屋根の点検・診断をお薦めします。
昌栄組屋根工事(有)では無料点検・診断を行っていますので、気軽にご連絡ください。
概算金額 25,000円〜
見積無料!お問い合わせはこちら
昌栄組屋根工事有限会社

〒514-0304 三重県津市雲出本郷町1801 【TEL】059-234-2713 (緊急窓口:090-8735-3225)
【営業時間】8:00~20:00