施工事例

津市白山町で屋根の葺き替え修理

DSCN1558

10月の台風で銅板の屋根が飛ばされました

DSCN1552

凄い事になっていました

DSCN1557

金属屋根がすべてありません。

予算の関係で波板を使って葺き替え修理を行います。

DSCN2307

ルーフィングを葺いて水抜き加工がしてある桟木を取り付けます。

DSCN2312

ガルバリウム鋼板の波板を張っていきます。

DSCN2323

葺き替え修理完成です。

DSCN2325

隅棟も壊れていましたがキレイに修理できました。

津市を中心に三重県内で屋根修理・屋根葺き替え工事・雨漏り修理など行っております
昌栄組屋根工事(有)です。

今回は台風災害で壊れた津市白山町T様邸の屋根の修理です。

銅板部分の屋根がすべて突風によって飛ばされました。瓦屋根だすべて飛ばされてしまう事は無いのですが、金属屋根の場合はすべて連結しているので屋根全体すべてなくなっていました。最初、現場調査の時は凄い事になっていたので、どうしようかなぁと考えました。
下地材もかなり傷んでいたので、すべて撤去し新しく作り直して、ロックルーフ(たて平)の金属屋根で葺き替え工事をしようかなと提案したのですが、今現在セカンドハウスとして利用しているお家なので、あまり予算が無いとの事でした。
なので、考えた結果、ガルバリウム鋼板の波板を使っての屋根を葺き替え提案しました。
下地材(コンパネ下地)を取らずそなままルーフィングをを葺いて、桟木を取付ました。あとは波板を貼り付けて行くだけです。
なかなかキレイに葺き替え工事が、できたと思います。
隅棟もその時にいっしょに壊れていたので、修理しました。

金属屋根は軽いのは軽いのですが、今回みたいな風にはとても弱い材料だと思いました。

瓦についてですが
新しい施工方法(ガイドライン工法)で葺かれた瓦屋根は、無傷でした。

この時ばかりに、にわか瓦屋さんや板金屋さんががやたらと増えるような気がします。
皆様気をつけてください。

電気工事を頼む時は皆さん電気屋さんに頼みますよね。瓦屋根の工事は瓦屋さんに頼んでくださいね。おかしな話ですが、間違って屋根工事屋さんには頼まないでください。瓦屋根工事業連盟に加入している屋根工事店は大丈夫ですよ。

瓦屋根を施工できるには「かわらぶき一級技能士・二級技能士」などの資格がいります。必ずそんな資格を持った職人さんがいる屋根工事店に相談してくださいね。

今回、台風21号の災害がひどく、すぐに対応できません。が待っていただけるならば対応できるようにただいま頑張っております。よろしくお願いします。
概算金額 約200,000円位でした。
見積無料!お問い合わせはこちら
昌栄組屋根工事有限会社

〒514-0304 三重県津市雲出本郷町1801 【TEL】059-234-2713 (緊急窓口:090-8735-3225)
【営業時間】8:00~20:00